履修の流れと手続き

 

 

 

 

 

入学1学期目

入学1学期目は、原則として履修希望(入学手続き時と入学前ガイダンス時に提出)を元に抽選で決定された言語を履修します。

1. ガイダンス

言語ガイダンスに出席して最終的な履修希望を提出します。春学期は同日、TOEFL-ITP 試験が実施されます※1。抽選と TOEFL スコアにより、以下のいずれかのクラスが決定します。

英語以外

  • インテンシブ(週4コマ)
  • ベーシック(週2コマ)

英語

  • インテンシブ(週4コマ)※2
  • ベーシック(週2コマ)※2

※1 欠席の場合、春学期は入学手続き時の履修希望を元に、英語、日本語以外の語種から言語クラスが決定されます。秋学期は各自で履修を希望する言語の研究室に問合せてください。SFC で実施される TOEFL-ITP(3月・11 月予定)は、入学 1 学期目に限り無料で受験できます。
※2 TOEFL スコアが 424 点以下の場合「SFC 実践英語入門」のクラスが、425 点以上の場合「プロジェクト英語」のクラスが指定されます。

 

(参考)科目の種類とレベル

詳細は「学習できる11言語」ページを参照してください。

科目の種類とレベル

2. 言語クラス発表

指定クラスを確認して授業に参加しましょう。(クラス変更・追加はできません)

既習言語のある方

※既習の言語(英語、アラビア語、マレー・インドネシア語を除く)がある場合、資格認定試験に合格し、かつ他の必修科目と重複しなければ、上級レベルの科目を履修できます。上級レベルの授業を履修した場合、クラス指定の言語コミュニケーション科目は履修できません。詳細は、資格認定試験ページをご確認ください。

3. 履修申告

必ず履修案内(SFC GUIDE Vol.2)を熟読したうえで、クラス指定科目、資格認定試験に合格した科目を含む、履修するすべての科目を期間中に履修申告しましょう。入学1学期目の履修申告の上限は、スキル、コンテンツを含めて1言語(4単位)までです(ロシア語、イタリア語除く)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入学2学期目以降

入学2学期目以降は、1学期目に履修した言語の上級レベルを履修しても、また新たに別の言語を履修しても構いません。第3学年への進級条件を意識して計画的に履修しましょう。

1. 履修申告前に必要な手続き

Webシラバスで、履修を希望する授業の選抜の有無、選抜方法、エントリー締切を確認しましょう。詳細は、成績発表の日に keio.jp に掲載されるお知らせを必ず確認してください.

英語以外

  • SFC-SFS 履修選抜エントリー
    英語以外の語種で履修者選抜を行う科目は、事前にSFC-SFSから選抜エントリーが必須です。
  • 資格認定試験(アラビア語、マレー・インドネシア語を除く)
    合格すると上級レベルの科目を履修できます。

英語

  • 英語事前予約システム
    TOEFL スコアの登録と英語事前予約システムでのエントリーが必須です。 TOEFL スコアは英語事前予約システムにログインして確認してください。未登録や更新する場合はスコア(コピー)を学事担当に提出してください。

2. 履修申告

必ず履修案内(SFC GUDE Vol.2)を熟読したうえで、履修許可を得た科目、資格認定試験に合格した科目を含む、履修するすべての科目を期間中に履修申告しましょう。