英語

英語

はじめに

SFC英語とは!—「IT」と「英語」—「たくましさ」と「しなやかさ」を身につけよう

「情報格差」の問題が深刻化する現代世界において、この2つのツールの重要性は強調してもし過ぎることはありません。「グローバル・ミニマム(Global Minimum)」―グローバル化の流れの中で取り残されないための最低条件、国際社会に積極的に参画するための最低必要条件―として、これらのツールは確実にマスターしておきたいものです。現在の実力に決して甘んじることなく、「母語」と同じ感覚で「英語」であらゆる状況に対応できるレベルを目指して、これからの4年間、SFCの学習環境をフルに活用してください。
SFCでは、日本の高等教育において画期的かつ最先端をゆく英語カリキュラムを編成しています。

SFCの英語は「プロジェクト英語」です—「プロジェクト」の意味—

「プロジェクト英語」という発想は、SFCにおいて生まれ、その実践こそがSFC英語のSFC英語らしさです。皆さんは、「プロジェクト英語」という表現に今まであまり馴染みがなかったのではないでしょうか。SFCで取り上げる「プロジェクト」とは、「計画性を持って研究する」ことです。これには、実行可能性(一学期で成果を出すことのできるもの)のチェックとアクションプランの作成が含まれ、特にSFCでは、個々人が、現実的な視座(立ち位置)[standpoint]から、ある視点[perspective/viewpoint]を通して現象・世界をとらえ、新しい視野[view-scope]を拓くことをもプロジェクトという概念に含めています。
さらにプロジェクトの実践においては、research, discussion, presentationの相互に関連した活動を行います。researchは「白けない場」のための必要条件です。自分たちの発見したものにはオリジナリティがあり、オリジナルなアイディアは伝えたくなる、つまりresearchがpresentationを動機づけるのです。その次の段階のdiscussionはcollaboration gameで、これに、個々人の独創的な意見が共振したとき、アイディアは創発します。そこで最後にアイディアを外部に差し出す行為(pre-sent)としてのpresentationが大きな意味を持つようになります。Researchがアイディア構想の必要条件であるとすると、presentationは可能性(市場)を拓く力となるわけです。このプロセスによって、多文化を生きる上での強力な力になる、SFC英語セクションの見解である、「たくましさ」、「しなやかさ」につながるわけです。

科目ごとの授業内容

1. カリキュラム紹介 —SFC 実践英語入門とプロジェクト英語—

SFC英語は、SFCの教育理念である「問題の発見と解決」をもとに、科目名は全て「プロジェクト英語」です。一貫して内容(コンテンツ)の追究と同時にスキル(コミュニケーションスキル)を重視した英語プログラムを開発実践してきました。この英語プログラムを通し、グローバル社会を生き抜くために必要な英語能力の育成に特に重点を置いています。それでは詳細に入っていきましょう。英語の授業は、TOEFLスコアによってSFC実践英語入門(GATEWAY コース)とプロジェクト英語の2つに大きく分類されます。

2. SFC 実践英語入門(GATEWAY コース)—リソースデベロップメント—

一学期間集中的に英語のコミュニケーション能力、英語の足腰となる運用能力を養成します。既習言語としての今までの学習法を発信型に切り替える魅力的なコースです。

  • 対象レベル:TOEFL 424以下
  • 授業回数・単位数:週2回、1回2コマ連続(180分×2日、4単位)
  • 特色:1学期間完結の徹底的な基礎力集中強化コースです。

新入生以外は詳細について、3月末の英語セクションWebサイトを見て、事前登録を行ったうえで4月の英語ガイダンスに出席してください。

3. プロジェクト英語 —言語コミュニケーション科目—

2014年度入学者からは新カリキュラムにより、3学年進級にはプロジェクト英語4科目の単位を取得することで進級が可能です。

  • 対象レベル:A(480 以下)オペレーショナル,B(481-519)ファンクショナル,C(520 以上)プロフェッショナル,D(レベル統合)の4レベル ※2017年4月からレベル分けのTOEFLスコアを変更しました。
    (Dレベルの開講は、英語セクションで検討し、特にレベル統合の価値を認めた場合にのみ開講し、必ずしも毎学期開講されるものではありません)
  • 授業回数・単位数:各授業週1回、1コマ90分、1授業2単位
  • 特色:特定の運用スキル、あるいは総合的な英語運用能力を徹底的に鍛えるための科目(各2単位)です。
  • 授業シラバス:英語セクションのWebシラバスを熟読してください。
  • 開講コマ数:毎学期60コマ以上

みなさんに、さらにプロジェクト英語への理解を深め、有意義な履修ができるよう、もう少し詳細の説明をさせてください。SFCプロジェクト英語は、基本的にContent-focusedとSkill-focusedの2つのコースで構成されています。
Content-focusedコースでは、学生が関心を持つテーマを元に、様々なプロジェクトを行い、その成果を発信しています。すなわちプロジェクトを通して、英語で問題の発見と解決を行いながら、コンテンツ探究をする、というのがこのコースの特徴です。具体的には、全世界向けの英語での日本文化紹介のウェブページの作成や、起業関連プロジェクト、地域研究、海外の大学との言語・文化交流授業を通しての新聞・雑誌制作、ドキュメンタリー映画制作、建築プロジェクト、教育プロジェクト等、オンラインをも積極的に導入した多彩なコンテンツが提供されています。
Skill-focusedコースでは、英語のコミュニケーションスキルを習得し、Content-focusedコースにおけるプロジェクト実践のために必要な英語運用能力を身につけることを目的としています。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング等の英語運用能力を土台として、大学生として、リサーチ、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベート、ネゴシエーション等、将来プロフェッショナルとして必要な英語能力の養成を最終目的としています。特にこのSkill-focusedコースでは、授業に加えオンライン(ブログ)を用いての課題提出、フィードバック、各個人の課題発表のアップなどにより、より活発に授業時間外でも集中的に学習できる体制作りが積極的に進められています。
SFCの教育理念に沿った上記の目的を達成するためには、プロジェクト英語を履修する際、まずこのSkill-focusedコースとContent-focusedコースの両方をバランスよく履修し、その次の段階としてContent-focusedコースにさらに履修することを強くお薦めします。 ∗Ⅲ授業体系図を参照してください。

英語授業シラバスについて

英語セクションでは、独自のオンライン授業シラバスを作成しています。授業タイプ別のアイコンで、少しでも見やすく、イメージしやすく工夫しています。授業シラバスは、授業タイプ別、講師別、曜日別、レベル別で一覧できるようになっています。じっくり授業シラバスを熟読してください。授業評価方法についても各授業毎に明記されています。春学期の授業シラバスは3月中旬以降、秋学期分は9月中旬以降に英語セクションWebサイトより最新情報を確認してください。

4. 英語履修上の注意点

以下に英語履修上の注意点と、英語授業の構成について要点を箇条書きにしました。
最重要事項を記しましたが、記載事項をふまえて各学期初めの英語セクションのガイダンスに必ず出席してください。履修方法や注意点、「プロジェクト英語」の科目案内など、詳細については英語セクションのWebサイトを参照してください。「ガイダンス」の開催日時、TOEFL受験やプロジェクト英語履修の手続きなどについては、言語Webサイトなどを通して案内します。
その上で質問がある場合は、学期期間中に英語セクションλ 307のオフィスアワー(9:00-16:30)に直接来てください。休暇中の問い合わせはEメール(担当教員 長谷部:happ3248@sfc.keio.ac.jp)でお願いします。

英語の履修開始時期について

英語履修を希望する4月入学の1年生の、SFC実践英語入門およびプロジェクト英語履修は、入学後1学期目(春学期)からとなります。入学当初からSFC実践英語入門(424以下対象)またはプロジェクト英語2クラスが振り分けられます。新たに始まった大学生活を経験しながら、既習言語である英語のSFCでの新たな学習法を経験し、自分の人生に活かす「英語」として捉えなおしてください。なお9月入学生も、入学直後の秋学期からSFC実践英語入門およびプロジェクト英語が履修できます。

TOEFLスコアの提出について

4月入学の1年生は3月の言語ガイダンスと同日に学内でTOEFL-ITPを受験し、そのスコアが入学年度の春学期からの英語履修に反映されます。2年生以上の在籍者で英語履修希望者もTOEFLスコアが必須ですので、TOEFL-ITPおよびTOEFLのスコアを取得していない場合は、自分でTOEFLを受験して、秋学期の履修に備えてください。

—注意—

  1. SFC実践英語入門授業内で実施されるTOEFL-ITPのスコアがレベル分けに反映されます。返却されたスコアを学期初めまでに、各自事務室学事担当窓口にコピーを提出してスコアを更新してください。
  2. TOEFLスコアは、外部iBT受験と学内TOEFL-ITP受験(11月)のどちらのスコアも有効です。TOEFLスコアの提出期限を必ず確認し、時間的ゆとりをもってTOEFLを受験して下さい。(スコアの返却までに3~4週間かかります)
  3. TOEICスコアを、TOEFLスコアの代わりに利用することはできません。

プロジェクト英語の1学期間の履修コマ数の上限について

例外なく、1学期に履修できるプロジェクト英語のコマ数は2コマ(4単位)です。

SFC実践英語入門の履修申し込み及び選抜について

  • SFC実践英語入門は水曜日・金曜日の組み合わせで授業は週に2回開講です。
  • 新入学の1年生を事前にクラスに振り分けた後、残席に対して、事前登録を行った新入生以外の学生を対象に選考を行いますので学事日程を必ず確認の上手続きを行うよう注意してください。ガイダンス日程、事前登録期間は、英語セクションや言語Webサイトなどで必ず確認してください。
  • 対象者はTOEFLスコア424以下です。すでにSFC実践英語入門の単位を取得した学生は再履修することは出来ません。

プロジェクト英語とSFC実践英語入門の事前登録に関して

学期の授業開始第1週目の英語の授業は、所定の期日までに希望する授業に必ず事前登録システムで予約登録をして、初回授業に出席しなければなりません。履修希望者が、各授業定員(ワークショップ、プロジェクト共に25名-30名)を超える場合、授業日以前に選抜を行い事前登録システムから履修許可に関する通知メールを事前エントリーした学生に送信します。

一般的な最重要注意事項

  • 就職活動など、やむを得ない事情で初回授業を欠席する場合、必ず英語セクション担当教員長谷部(happ3248@sfc.keio.ac.jp)に、当該授業日の前日中までにメールで事情及び志望動機エッセイを提出してください。メールで提出する際の件名は、『【重要】初回授業欠席 担当教員名 授業名 授業日 時限 自分の氏名』としてください。また、その後遅滞無く、欠席理由を証明するもの(説明会参加票、医師の診断書など)をλ307に直接持参してください。以上の連絡が無い場合には、履修辞退とみなします。
  • 事前登録は、学期初めの英語ガイダンス直後に終了し、選抜結果が出ます。それに関して学期初めの英語セクションのガイダンスにおいて詳細を説明し、また重要事項に関する資料を配布しますので、必ずガイダンスに出席して下さい。メール・電話での問合せはご遠慮下さい。
  • 事前登録に関する英語の履修についての相談は全てλ307で英語セクションの担当教員と担当TA、SAが英語ガイダンス当日のみ対応しますので、積極的に活用して下さい。

5. English Support Center:English In Action 来たれ!λ301、λ307へ!—より豊かな英語体験の機会を提供—

ESCでは、皆さんにより活発で、楽しく英語体験を提供するコミュニティです。また2014年度からEnglish In Actionという活動も生まれました。学生主体の英語の勉強会、担当教員が自信をもって提供する、映画鑑賞会、異言語・異文化交流会、各専門分野からの講演会、季節感あふれる交歓会などを実施しています。ぜひESC、English In Actionの一員となって、「生きた英語」のコミュニティに参加し、SFCでの「英語は出来てあたりまえ」を実感しませんか。

授業体系図

教員スタッフ

専任教員

中浜 優子

渡辺 靖

大堀 壽夫

長谷部 葉子

ジョナサン・トレース

訪問講師

ウォルター・ワイマン

 

ヘニグマン・デイビッド

 

ハイ・キャメロン