マレー・インドネシア語

マレー・インドネシア語

はじめに

マレー・インドネシア語スラマット・ダタン!

スラマット・ダタン!ちょっと皆さん、声を出してこのカタカナで書いたフレーズを発音してみてください。これはマレー・インドネシア語で「ようこそ!」という意味です。そう、カタカナ書きの通り発音してもらえばほぼ通じます。これで、マレー・インドネシア語の発音が割合私たち日本人にとって難しくないということが分かってもらえたと思います。

マレー・インドネシア語とは?

次の地図を見てください。
太い線で囲んである地域が、マレー・インドネシア語が通用する地域です。とっても広いでしょう? そう、マレー・インドネシア語が通用する地域は東南アジアのほぼ半分の面積にも相当するのです。このなかには、インドネシア共和国、マレーシア連邦、シンガポール共和国、ブルネイ・ダルサラーム国、東ティモール民主共和国、そしてフィリピン共和国の南部とタイ王国の南部、それにパプアニューギニア独立国の一部が含まれています。このうち、先に挙げたインドネシアから東ティモールまでの5カ国ではこの言葉が国語ないしは公用語として使われているのです。
東南アジアには現在11の国家がありますから、マレー・インドネシア語はほぼその半分の国で使われているということになりますね。ここまで聞けば、もう皆さんにはマレー・インドネシア語がけっしてマイナーな言語ではないことがお分かりいただけたと思います。これら5カ国とその周辺地域に住む人々の総人口はおよそ3億人ですから、日本の総人口の約2.5倍以上の人々がこの言葉を話しているということになります。
では、これほどに広い地域で通用する言葉が日本ではそれほど知られていないのはなぜでしょうか?また、なぜ他の大学ではマレー・インドネシア語という名称を使わないのでしょうか?
じつは、他の多くの大学では「インドネシア語」ないしは「マレーシア語」と呼んでいるのです。この言葉はインドネシア共和国では国語とされていて、「インドネシア語」(Bahasa Indonesia)と呼ばれています。
一方、お隣のマレーシア連邦ではこの言葉を「マレーシア語」(Bahasa Malaysia)と呼んで、やはり国語に制定しています。さらにこれら2カ国以外に、シンガポール共和国とブルネイ・ダルサラーム国でもそれぞれ国語と定めており、これらの国々では「マレー語」(ムラユ語)(Bahasa Melayu)と呼んでいます。名称はさまざまですが、国による違いは比較的少なく、ひとつの地域の言葉に習熟すると、他の地域に行っても、ちょっとした語彙の違いさえ克服すればそれほど不自由することはありません。その違いは、ちょうどアメリカ英語とイギリス英語の違いのようなものと考えていただければいいと思います。SFCでは、このような事情を考慮に入れて、これらすべての地域に通用する言葉を学んでもらおうと考え、「マレーシア語コース」でもなく、「インドネシア語コース」でもなく、「マレー・インドネシア語コース」と名づけたのです。本コースでは主としてインドネシア地域の言葉を学んでもらいますが、熟達すればマレーシアなどの言葉を理解するのは容易です。

科目ごとの授業内容

SFCのマレー・インドネシア語プログラムはインテンシブ、ベーシック、スキルおよび海外研修の各コースを提供しています。

1. インテンシブ(週4回 4単位)

インテンシブコースは、SFC創設当初から継続して開講されている、いわばマレー・インドネシア語プログラムの中心的コースです。このプログラムは、インテンシブ1、インテンシブ2、インテンシブ3の3つのレベルに分けられています。インテンシブ1、インテンシブ2は、学期中に開講され、週4回の授業で、集中的かつ効率的にインドネシア語の標準的な能力を身につけることを目指します。またインテンシブ3は、春休み、または夏休み期間中にインドネシアで開講されるクラスです。これらのクラスでは、文法、語彙構築、講読、会話、およびライティングスキルなど多くの面からマレー・インドネシア語を学ぶことができます。同時に、色々な専門を持つ講師陣たちから、インドネシアやマレーシアの社会、文化についても学ぶことができます。

① インテンシブ1

インテンシブ1は、言語の概要に関する基本的知識を習得することから始め、マレー・インドネシア語の基本的な能力を養うことに重点が置かれています。授業では基本的な文法、会話、および語彙構築を重点的に学びます。このレベルを修了した学生は最低限のマレー・インドネシア語で簡単な会話をすることができるようになります。
履修要件なし

② インテンシブ2

このクラスはインテンシブ1、またはベーシック2を修了した学生を対象としており、マレー・インドネシア語プログラムの中級レベルのクラスです。このレベルでは文法、会話、語彙構築、読み書きのスキルを中心に学びます。このレベルを修了すると、専門分野の論文執筆や専門書の読解はまだやや困難かもしれませんが、学生はマレー・インドネシア語で自分の考えや見方などをかなり自由に表現できるだけの能力を習得することができます。
履修要件インテンシブ1、またはベーシック2を修了していること。

③ インテンシブ3(春休み、夏休みにインドネシアでの開講4単位)

インテンシブ2修了後は、春休み、または夏休み期間中に、インドネシアの大学において開講されるインテンシブ3に参加することが出来ます。このクラスは、履修希望者が4人以上いた場合に開講されます。
履修要件インテンシブ2を修了していること

2. ベーシック(週2回 2単位)

ベーシックコースは、基礎的なマレー・インドネシア語能力をじっくりと時間をかけて学びたい学生向けに開講します。このコースは、ベーシック1、ベーシック2の2つのレベルに分けられており、週2回のペースで、簡単な会話と基本的な文法を中心に学びます。ベーシック2を修了すると、インテンシブ1を修了したのと同じレベルの能力を身につけることができます。

① ベーシック1

ベーシック1では、インドネシア語の初歩を学びます。インテンシブコースで本格的にマレー・インドネシア語を学ぶ前に、言語に触れてみたい人には向いているクラスです。このクラスでは、語彙構築、簡単な会話、および基本的な文法説明に焦点を当てています。さらに、学生はまた簡単ながらマレーシアやインドネシア社会ないし文化の側面をも学ぶことができます。
履修要件なし

② ベーシック2

ベーシック2は、ベーシック1を修了した学生を対象にしたクラスです。初級レベルでもやや複雑な文法や、中級レベルに進むために必要な会話の言い回しを学びます。単語の数も、ベーシック1より格段に増えます。このレベルを修了すると、インテンシブ1を修了したのと同じ程度のマレー・インドネシア語能力を身につけることができます。
履修要件ベーシック1を修了していること。

3. スキル(週1回 2単位)

スキルクラスは、インテンシブ2を修了した学生を対象としています。さらに進んでマレー・インドネシア語の運用能力を高め、将来、同地域で活躍する上での実践的な語彙や社会情勢などを学びます。インドネシア語の表現力や読解力を高めると共に、インドネシア社会や文化に対する理解を深めることを目的とします。現在、スキルは一学期に2種類(読解に重点を置いたクラスと会話力向上を目指すクラス)が開講されています。スキルクラスは、2 種類を同時に履修することも、継続して毎学期履修することも可能です。
履修要件インテンシブ2を修了していること。

4. 海外研修(春休み、夏休み開講2単位)

春休みと夏休みには、現地でマレー・インドネシア語を勉強するために、海外研修コースを開講しています。ベーシッククラスまたはインテンシブクラスで最低1学期間学び、修了した学生は、この海外研修に参加することができます。約1か月間、現地の家庭にホームステイしながら大学に通い、ネイティブの先生方やチューターのインドネシア人学生たちと共にインドネシア語を学びます。この海外研修に参加し、所定の成績を修めると2単位が認められます。なお今年度の研修予定地は、インドネシア共和国中部ジャワの高原都市サラティガにあるサティア・ワチャナ大学(Satya Wacana)です。
履修要件ベーシック、またはインテンシブのクラスを最低1学期間履修していること。

5. 参考:マレー・インドネシア語関連講義科目

SFCでは、マレー・インドネシア語の諸クラスの他、マレーシア、インドネシアあるいは東南アジア地域のさまざまな側面を学びたいという学生のために、いくつかの一般講義科目と研究会が設けられています。一般講義科目では、たとえば、インドネシア地域論、インドネシア文化論、マレー社会論、地域と文化、などの科目があり、マレー・インドネシア語の教員たちによって教えられています。また、マレー・インドネシア語コース責任教員の野中葉研究会⑴⑵は、インドネシアをはじめとする東南アジア諸地域の社会や文化を専門的に研究したい学生向けの研究会です。これらの科目は、マレー・インドネシア語を履修していなくても履修することは可能ですが、語学の学習と並行して学べば、当該地域に関するより深い知識を得ることができるでしょう。詳細は、各科目のシラバスを参照して下さい。

授業体系図

教員スタッフ

野中 葉
准教授、現代インドネシア研究、イスラームと女性研究
ペトルス・アリ
訪問講師(招聘)、言語コミュニケーション、外国語教育
小笠原 健二
非常勤講師、社会学
バンバン・ルディアント
非常勤講師、経済学、防災研究
エリカ・フロレンティナ
非常勤講師、日本研究、日本文化